個人向けと比較して拡張性は抑えられている

拡張性を抑えて価格も安め

ビジネスで使われているパソコンの多くは事務処理になり、それほど高いスペックは必要ないでしょう。一方技術者が開発やデザインなどでパソコンを使うときはそれなりの高スペックが必要で、最新のCPUやメモリをたくさん積んだタイプが必要になります。法人向けパソコンにおいては予め希望のスペックを指定して納品してもらえるタイプがあり、それぞれの業務に適したパソコンが購入可能です。このときにコストを抑えるのであればあえて拡張性を抑えたタイプを選ぶと良いかも知れません。パソコンは自分で後から機能アップができるよう拡張性を持たせてありますが、あえて拡張性を最小限にして価格を抑えたタイプを選ぶこともできます。最初に必要なスペックで納品してもらえば問題は少ないでしょう。

拡張性を抑えてスペースを確保

デザインなどの技術的業務を行う人はノートパソコンよりデスクトップパソコンを利用するケースが多いかもしれません。デスクトップパソコンは本体とディスプレイ、キーボードなどがそれぞれ別になっているので、自分の作業しやすい位置に置いて仕事ができるメリットがあります。法人向けパソコンの中には高機能なものが選べますが、性能を重視するとどうしても本体が大きくなりがちで作業スペースが狭くなりがちです。そこで選択したいのが拡張性を抑えたタイプのパソコンでしょう。拡張性があると機能を追加するためのスペースが必要でその分本体が大きくなりますが、拡張性を抑えれば機能追加は難しいもののコンパクトになります。本体の置き場所に困らず作業がしやすくなるでしょう。

© Copyright High-spec PCs. All Rights Reserved.